硬貨を積む人

評判に納得したら東急コミュニティーに依頼しよう

家賃トラブルをなくせる

お金

報告は必須のシステム

家賃保証会社の保証は家賃滞納が発生した際に、きちんと報告を行っていた場合に保証されます。賃保証会社の利用は連帯保証人がいない人の保証をするためのものですので、家賃滞納が起きていないかチェックするのはオーナーの責任になります。基本的には毎月の家賃の状態を把握しているオーナーが大半ですので問題はありませんが、ほうこくを忘れないように気をつけておきましょう。家賃保証会社の利用を始めるとともに、入居者の数も増えることが想定されますので、賃貸物件の管理をしっかり行うようにしましょう。管理会社に任せている場合には、その旨を連絡しておくことも大切です。家賃保証会社は選び方によって、多くの利益をもたらしてくれます。

保証と金額の釣り合いも

家賃保証会社のサービスは、家賃滞納の時だけに限られます。もちろん家賃回収が不能な場合でもオーナーに不利益が出ないよう対処してもらえますので、連帯保証人よりも頼りになるケースが多くなっています。単身者向けのマンションなどを経営するつもりであれば、同時に家賃保証会社の利用も検討しておけば入居者の割合も大きくなりますので経営がしやすくなるでしょう。連帯保証人を準備できる人もいますので、その点は利用を自由にしておく方がたくさんの入居者を得ることができます。家賃保証会社は保証料を支払うことで利用が可能になりますが、この保証料は入居者の家賃などとともに支払ったり更新時に払うことになります。保証料とサービスが釣り合っているかもチェックしておきましょう。